坂上忍 KAT―TUNメンバーの姿勢評価「口をつぐむこともできた」

[ 2017年5月31日 13:10 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(49)が31日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された「KAT―TUN」の元メンバー田中聖(こうき)容疑者(31)の事件で、元同僚たちの姿勢を称賛した。

 一連の騒動について、坂上は「ああいうタイプの子は嫌いじゃない。仕事した時の印象も良かった。ああいうタイプの子が結果、こういうふうになるのはあまりにも分かりやす過ぎる。イメージ通り」とあれき顔。「背負っているものがある人だから、こういうことをやると周りに迷惑はかかる。薬物問題の度そっちに気が回らないで、欲望のままにいっちゃうのかな、という気がしてならない」と話した。

 また、「KAT―TUN」の亀梨和也(31)、中丸雄一(33)が今回の事件に相次いでコメントしたことに対し、坂上は「亀梨くん、中丸くんもしかり、立場的にはアイドル。アイドル中のアイドル。だったら、口をつぐむこともできたと思う。ちゃんとコメント出すのは素直に偉いと思う。時代も本当に変わったのかな」と感心。さらに、以前、日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)への出演にあたり、中丸が「自分のアイドルという立場を考えると、テーマによっては言いづらいこともあるけど、それだと、共演者の方々に対して失礼に当たる。ちゃんと自分で情報収集して、自分の言葉で伝えられるようにしないといけない」と話していたことを明かし、「この子は大したもんだと思った」と姿勢を高く評価した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年5月31日のニュース