文化放送社長 ロンブー淳の生放送にエール「自由にやって」

[ 2017年4月18日 13:44 ]

田村淳
Photo By スポニチ

 文化放送の三木明博社長が17日、東京・浜松町の同社で定例会見が行い、4月から生放送を担当するお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(43)に「自由にやって」とエールを送った。

 同局の「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB」が2時間の生ワイドにリニューアル。同番組は08年に60分の録画番組としてスタートしたが、田村は「いろんなメディアが偏っていくなか、この番組だけはなんとか圧力に耐えつつ、思ったことを正直に発信していきたい」と意気込んだ。

 このことを受け、三木社長は「生放送は何が起こるかわからないハプニング感、ハラハラドキドキするところが魅力だと思うので、自由にやっていただいて」とエールを送った長谷川実編成担当も「キワドイ番組にもなっているかと思うが、ハラハラしながらも調度いいところをお届けするプロの展開力があると思う。リスナーを楽しませつつ、ここはまずいだろうというところには踏み込まない、調度いい番組として楽しんでもらえるところを探ってくれるのでは」と期待を込めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月18日のニュース