NMB 上西恵 卒業公演「すべてを楽しんできたから後悔はない」

[ 2017年4月18日 21:41 ]

 NMB48の上西恵(22)の卒業公演が18日、大阪・NMB48劇場で開かれ、自身のセンター曲「途中下車」などを披露した。

 「毎日が濃すぎて、楽しくて…本当にオーディションを受けてよかった。すべてを楽しんできたから後悔はない」と、1期生として加入したNMBでの約6年の活動を振り返った。「こんなに楽しい事はもう二度とないのかと考えると寂しくなる」と涙ぐんだが、「ここで学んだものや得たものがたくさんあるから、卒業後の不安はない」と胸を張った。この日でNMBの活動を終了し、卒業後の進路は未定。

 山本彩(23)は涙で言葉を詰まらせながら、「上西は同期でもあり、ずっと同じチームNでもあったから一緒にいる時間も多くて、その分、何度も助けられてきました」と感謝。「困っているメンバーを放っておかない、置いていかないその優しさに、救われたメンバーがたくさんいるし、私もその1人」と語り、その上西の卒業は「人としての存在の大きさゆえに、きっとメンバーのショックは大きいんじゃなかな」と代弁した。「正直、明日から上西がいない現実が始まると思うと不安もあるけど、上西が守ってくれたこのチームを、私たちは自身のすべてをかけて守っていきたい」と誓い、「もちろん、上西の魂を受け継ぐ怜ちゃんの面倒もしっかり見たい」と、昨年加入した妹・上西怜(15)を姉に代わって見守っていく事も約束した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年4月18日のニュース