14歳藤井四段13連勝「意識せず普段通り」自らの記録更新

[ 2017年4月18日 05:30 ]

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は17日、東京都内で指された第67回NHK杯トーナメント1回戦で千田翔太六段を破り、自身の持つデビュー後の連勝記録を「13」に更新した。「今日の将棋はずっと自信がない展開だったが、寄せ合いで勝ちになった。連勝記録は意識せず、普段通りに指した」と話した。

 藤井は昨年12月のデビュー戦で、現役最高齢棋士の加藤一二三・九段(77)を相手にプロ初勝利を挙げた。その後も勝ち続け、今月4日にはデビュー後11連勝を達成、プロ公式戦の新記録を樹立した。13日には自身の記録を12連勝に伸ばし、快進撃を続けている。

 NHK杯の対局は5月14日に放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月18日のニュース