AKB島田晴香 卒業&引退を発表 将来は旅館の女将?プロレス転向は否定

[ 2017年4月19日 00:55 ]

島田晴香
Photo By 提供写真

 AKB48の島田晴香(24)が9月をめどにグループを卒業し芸能界から引退することを18日、動画配信サービス「SHOWROOM」で発表した。配信終盤には同じ9期生の横山由依(24)と、後輩の小嶋真子(19)も駆けつけ「あと5カ月だけど皆さんと思い出を作って、たくさん話して悔いのないよう突っ走りたい」と涙ながらに意気込んだ。

 卒業を意識したのは3年前。芸能界入りするきっかけがAKBだったことから「辞めるときは芸能界も辞める」と引退の理由を明かした。すでに立候補している6月の選抜総選挙については「ランクインできるかどうか分からないけど、いるからには盛り上げられたら」と改めて出馬を表明。2010年の第2回から昨年の第8回まで1度もランクインしたことがなく、今回は有終の美を飾れるか注目される。

 プロレスキャラとして独自路線を確立し、過去に女子プロレス団体からオファーを受けたことはあるが「転向はしませんからね」ときっぱり。実家が静岡・熱海で旅館を経営しているため「将来的にもしかしたら女将になってる可能性はあるかも」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月18日のニュース