バナナマン日村 春改編“嘆き”もAbemaTV初レギュラー獲得

[ 2017年4月18日 11:25 ]

インターネットテレビ局「AbemaTV」で初のレギュラー番組を持つバナナマンの日村勇紀(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(44)がインターネットテレビ局「AbemaTV」で初のレギュラー番組を持つことが18日、分かった。

 「AbemaSPECIALチャンネル」の冠番組「バラエティ開拓バラエティ『日村がゆく』」(26日スタート、水曜後9・00)。バラエティーを研究し、罰ゲーム「鼻フック」「タイキック」やゲーム「ローションぬるぬるリレー」など“バラエティーの定番”の発展を目指す。初回は「鼻フック」を取り上げる。

 日村は「かなりヘビーなバラエティー番組になると聞いています。そういった番組が少なくなっているので、バラエティーの新たな夜明けのために頑張ります!何をやるのか、今のところ全く予想がついていないですが、とても楽しみです!」と意気込んでいる。

 日村は4月改編で地上波レギュラー番組4本が終了。3月10日放送のTBSラジオ「バナナムーンGOLD」(金曜深夜1・00)で「ヤバイ」と笑いながらも嘆いていたが、新たに単独レギュラー番組をゲットした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月18日のニュース