ぱるる8・15サックス生披露 8年ぶりも自信「まだ吹ける」

[ 2017年4月18日 05:30 ]

サックスを手に笑顔の島崎遥香
Photo By スポニチ

 元AKB48の島崎遥香(23)が、サックスの腕前を生披露することになった。17日に都内で開かれた米国発のショー「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」の日本ツアーの応援サポーター就任会見に出席。8月15日の東京公演初日に、中学時代に吹奏楽部に所属していた島崎が出演。デビュー後初めて人前でサックスを演奏することが発表された。

 マーチングバンドをベースに60種類の楽器で魅せるパフォーマンスショーで、本ツアーはディズニー音楽を披露する内容。島崎は一夜限りで出演者とコラボレーションする。「中学を卒業してから一度もサックスを吹いてない」と言いつつも、「なぜかちょっとした自信もあって、まだ吹けるんじゃないかという気がします」と根拠のない自信で胸を張った。

 関係者によると、島崎は全国大会出場を目指すレベルの中学の吹奏楽部でアルトサックスを担当していた。「夏休みに毎日暑い中で練習したのが思い出深いです。コンクールの本番もみんながいたから頑張れた。ソロパートもあって緊張しました」と振り返った。

 8年ぶりにサックスを首に掛けると「あ〜、こんな感じだったなあ」と懐かしそうに見つめた。4カ月後の本番に向け、「練習も楽しみ。恥ずかしくないパフォーマンスをできるようにしたい」と抱負を語った。

 昨年末にAKBを卒業。“塩対応”でおなじみだったが、この日の会見はしっかりとした受け答えを見せ、笑顔がはじけた。とはいえ、ぱるる節は健在。司会者から「(吹奏楽部での活動が)今の活動につながっていますね」と聞かれると、数秒考えて「えっ?ちょっと、分かんない!」と言ってなごませた。

 今回のツアーは7月9日に山形で開幕し、47都道府県をめぐる。東京公演は渋谷・東急シアターオーブで8月15〜30日。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月18日のニュース