浅野ゆう子 おいらん役挑戦「着ぐるみショーにならないように」

[ 2017年4月18日 06:20 ]

藤山直美が休演した7月の新橋演舞場公演に臨む出演者(左から)喜多村緑郎、波乃久里子、浅野ゆう子、市村萬次郎
Photo By スポニチ

 女優の浅野ゆう子(56)が17日、都内で行われた「七月名作喜劇公演」(東京・新橋演舞場、7月3〜25日)の製作発表に出席した。

 座長を務める予定だった藤山直美(58)が乳がんで療養となったため、演目を変更したうえで浅野の出演が急きょ決定。直美の父・故藤山寛美さんの代表作「紺屋と高尾」でおいらん役に挑戦する。「衣装が25キロあって、カツラだけで5キロあるんです。着ぐるみショーにならないように気をつけたい」と話し、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年4月18日のニュース