スネ夫役の声優・肝付兼太さんしのぶ会 仲間ら200人が献杯

[ 2017年2月7日 05:30 ]

肝付兼太さん
Photo By スポニチ

 昨年10月20日に肺炎のため80歳で亡くなった声優・肝付兼太さんをしのぶ会が6日、都内で行われ、声優の野沢雅子(80)、漫画家の松本零士氏(79)ら約200人が、故人に最後の別れを告げた。

 「ドラえもん」のスネ夫役で知られる肝付さんは「銀河鉄道999」の車掌役などでも印象的な声をお茶の間に届けた。献杯をした「怪物くん」などの原作者、藤子不二雄(A)氏(82)は「彼が声をやってくれるとキャラクターがとてもチャーミングになった」と寂しそうに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年2月7日のニュース