梅沢富美男 芸者所作で女形研究も…熱心すぎて連行された過去 

[ 2016年12月3日 16:00 ]

TBS「サワコの朝」に出演した梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(65)が、3日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・00)に出演。女形の研究のためにとった行動が原因で交番まで連行されてしまった過去を明かした。

 女形の美しさから「下町の玉三郎」とも表される梅沢。司会の阿川佐和子(63)に“色っぽく見せるコツ”を伝授したほか、女形をする上で気をつけている座り方などを粋に実践してみせた。

 もともとは男役を演じていたが女形に転身するにあたり、所作を勉強。その教科書が銭湯帰りの芸者だったという。夏場は浴衣が体に密着していたため「お尻を振りながら歩いていく」しぐさが女性らしかったと説明。その様子を「色っぽいなあ」と思いながら電信柱の陰から見ていたところ、駅前交番の警察官に不審がられてしまった。

 「女形の研究です」と釈明したが「『嘘を言うんじゃない』と言って、交番に連れていかれた」。信用してもらえなかったエピソードを披露して、阿川を笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月3日のニュース