内田理央、自ら発案の“お尻透けるショット”がまさかの表紙

[ 2016年12月3日 13:07 ]

写真集を手に笑顔の内田理央
Photo By スポニチ

 モデルで女優の内田理央(25)が3日、先月28日に同時刊行した写真集「だーりおといっしゅうかん。」「だーりおのいっしゅうかん。」(ともに集英社)の発売イベントを東京・渋谷で行った。

 「週刊プレイボーイ」と「モア」がそれぞれ男性視点と女性視点で特別編集したもの。週プレ版のお気に入りショットは、シースルーの下着をまとい、お尻が透けて見えるもので、表紙を飾った。「自分でアイデアを出して撮ったショットで、それがまさか表紙に使われるとは思わなかった」と感激した様子。その一方、「本当はお尻はコンプレックス。もっと小さくキュッとしたお尻が良かった。来年は筋トレしてかわいいお尻にしたい」と来年の抱負を語った。

 一方、モア版のお気に入りは歯磨きをしているシーン。「男性はみんな歯磨きをしているシーンが好きだと思って、歯ブラシをくわえてみました。無防備なショットで気に入ってます」とアピールした。

 TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)に6日放送の第9話から出演。好みの男性に熱烈アプローチをかける“ポジティブモンスター”のOLを演じる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月3日のニュース