UAらプロデュース、朝本浩文さん死去 53歳 2年前から療養

[ 2016年12月3日 19:04 ]

 女性ミュージシャン、UA(44)のプロデュースなどで知られる音楽プロデューサーの朝本浩文(あさもと・ひろふみ)さんが11月30日に亡くなっていたことがわかった。53歳。朝本さんのフェイスブックページを通し、妻の由美さんが3日にメッセージを投稿し判明した。

 朝本さんは14年9月、自転車に乗っていた際に転倒し、頭部を強打。その後療養生活を続けていた。由美さんの投稿によると、既に密葬を行い、後日見送る会を開催する予定だという。「朝本浩文の美しい楽曲の数々が、彼の魂と共に生き続ける事を願っております」とつづった。

 朝本さんは80年代に活動したバンド「MUTE BEAT」にキーボードとして86年に加入し、91年に脱退。サポート・ミュージシャンとして「THE ROOSTERZ」などにも関わった。プロデューサーとしてはUAの「情熱」「甘い運命」「悲しみジョニー」など初期の代表曲を手掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月3日のニュース