亡き父と同い年に…坂本九さん長女・大島花子 新曲「親父」熱唱

[ 2016年10月10日 06:16 ]

都内でコンサートを行った大島花子
Photo By スポニチ

 1985年の日航ジャンボ機墜落事故で犠牲となった歌手、坂本九さん(享年43)の長女で歌手の大島花子(43)が9日、都内でコンサートを行った。

 「おととい、父と同じ年になりました」と話し、九さんが作詞作曲した曲をカバーした新曲「親父」を熱唱した。

 7月に死去した永六輔さん(享年83)が作詞を手がけた「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」など九さんの名曲も披露。2月に永さんのラジオ番組に最新アルバム「柿の木坂」を持って出演した時が最後の対面となったことを明かし「“オッケー、良かったよ”と言ってもらった」としのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年10月10日のニュース