7代目じゃんけん女王はAKB田名部生来 酒好きキャラが感涙

[ 2016年10月10日 19:44 ]

優勝し感極まる田名部生来
Photo By スポニチ

 AKB48グループの「第7回じゃんけん大会」が10日に兵庫・神戸ワールド記念ホールで行われ、AKB48の田名部生来(23)が優勝。7位までのメンバーとともに組む新ユニットのセンターを務めることが決まった。

 AKBと各姉妹グループの予備戦の勝者合わせて98人が参加。田名部は決勝でAKB48の湯本亜美(19)をグーで下し、頂点をつかんだ。新ユニット入りが決まったのは田名部の他、湯本、AKB48の野沢玲奈(18)、NMB48の渋谷凪咲(20)、AKB48の込山榛香(18)、AKB48の福岡聖菜(16)、SKE48の竹内彩姫(16)。

 田名部は酒好きとして知られ、この日も酔っ払いサラリーマンコスプレで登場。優勝を決めると涙が止まらず「早く終わっておいしいビール飲みたいなと思っていたんですけど。きょうのお酒は絶対おいしいです」と感動に打ち震えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年10月10日のニュース