氷川きよし ポリープ除去手術後の経過良好「歌うことが楽しく」

[ 2016年9月28日 05:30 ]

ファンと至近距離で歌い、歓声を浴びる氷川きよし

 歌手の氷川きよし(39)が27日、シングル「みれん心」の新タイプ3バージョンの発売を記念し、都内で歌唱イベントを行った。

 26日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」で、約2年前に喉のポリープの除去手術を受けたことを告白。術後の経過は良好なようで「歌のキーが半音高くなって、歌うことが楽しくなった」と声を弾ませた。

 ファン2000人を前に同曲など7曲を歌い「年末の舞台に今年も出させていただければ幸せ」と、17年連続のNHK紅白歌合戦出場に意欲を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年9月28日のニュース