引き出物はすべて“特注” 愛之助、“梨園の妻”紀香は「コツコツ勉強してる」

[ 2016年9月28日 21:25 ]

披露宴前に取材を受けた片岡愛之助(左)と藤原紀香は左手を重ねあう

 今年3月に女優・藤原紀香(45)と結婚した歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が28日、東京・帝国ホテルで行われる披露宴を前に記者会見。“梨園の妻”となった紀香の近況や、披露宴の引き出物について言及した。

 結婚後の生活について聞かれ、「食生活も変わりましたし、いろんな意味で支えてくれていますから安心して仕事ができています」と紀香の良妻ぶりに感謝した愛之助。「コツコツ自分なりに勉強しているみたいです」と近況を語った。

 披露宴ために用意した引き出物は、バームクーヘンや日付があしらわれたお皿など全部で5種類。「すべてオリジナルのものを作らせていただきました。上方の役者なので上方にこだわったものを。妻の祖父・祖母が和歌山であったりしますので『あんぽ柿』が入っていたりします」と明かした。

 また、一部で水素発生器が引き出物として用意されたと報じられていたが、「そういうもののデザインも歌舞伎を取り入れて作ったりしています。すべて売っているものではございません」と語り、引き出物がすべて“特注”であることを強調していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年9月28日のニュース