「ジョジョの奇妙な冒険」第4部 実写映画化発表 主演は山崎賢人

[ 2016年9月28日 13:30 ]

「ジョジョの奇妙な冒険」の実写化が発表。会見場のスクリーンに映し出されたタイトル
Photo By スポニチ

 漫画家・荒木飛呂彦氏(56)の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」が初めて実写映画化されることが28日、分かった。主演は山崎賢人(22)、監督は三池崇史氏(56)が務める。2017年夏に公開予定。大手映画会社の東宝とワーナー・ブラザース・ジャパンが初めて共同で製作、配給を手掛け、この日都内で開いた会見で発表された。

 タイトルは「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」で、「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」(単行本29巻~47巻)が原作。山崎賢人が東方仗助役、伊勢谷友介(40)が空条承太郎役、神木隆之介(23)が広瀬康一役、小松菜奈(20)が山岸由花子役、岡田将生(27)が虹村形兆役、真剣佑(19)が虹村億泰役、山田孝之(32)が片桐安十郎役を演じる。

 三池監督は「これを作ってしまったら、次に何を作ればいいのか。先のことを日本映画全員がリセットする、それくらいのビッグタイトル。力の限り精いっぱいやっていきたい」と意気込み十分。山崎は緊張した表情で「自分の生きている時間よりも長く愛されている作品。とにかく頑張るしかない」と力を込めていた。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1987年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載スタート。シリーズの単行本は117巻を数え、累計発行部数は9000万部を超える人気漫画となっている。Part4では架空の町・杜王町を舞台に、主人公・東方仗助とその仲間たちの触れ合いや危機との遭遇、戦いを描くサスペンス・ホラー。

▼主な出演者
東方仗助=山崎賢人、広瀬康一=神木隆之介、山岸由花子=小松菜奈、虹村形兆=岡田将生、虹村億泰=真剣佑、空条承太郎=伊勢谷友介、片桐安十郎=山田孝之

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年9月28日のニュース