海老蔵主演「石川五右衛門」 麻央「ゲラゲラ笑って」第1話鑑賞

[ 2016年9月28日 05:30 ]

六本木グランドタワー最上階で記者会見を行った(左から)比嘉愛未、市川海老蔵、國村隼

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が27日、都内で行われたテレビ東京の主演時代劇「石川五右衛門」(10月14日スタート、金曜後8・00)の取材会に出席。第1話の映像を妻でがん闘病中の小林麻央(34)と観賞したことを明かした。

 2009年に海老蔵が主演した新作歌舞伎のドラマ化。豊臣秀吉の時代に大盗賊として世間を騒がせた主人公の姿を描く。海老蔵は「妻はゲラゲラ笑って見ておりました」と、闘病中ながらも元気な麻央の様子を明かした。

 病状の詳細については「プライベートな質問はご遠慮を」と報道陣にくぎを刺した上で「王道時代劇ではなくて、あり得ないような映像があるので“えー?”というような感じの笑いでした」と説明した。

 この日、麻央は自身のブログを更新。現在の心境を「治療が始まれば劇場にも行けないかな…お客さまにはごあいさつもままならず、申し訳なく思っています」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年9月28日のニュース