愛之助&紀香が披露宴「感無量」プロポーズの言葉を結婚指輪に刻む

[ 2016年9月28日 21:00 ]

披露宴前に取材を受けた片岡愛之助(左)と藤原紀香は左手を重ねあう

 今年3月に女優・藤原紀香(45)と結婚した歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が28日、東京・帝国ホテルでの披露宴を前に心境を語り、プロポーズの言葉を結婚指輪に刻んだことを明かした。

 報道陣から祝福を受けた愛之助は「なんだかドキドキしています」と話し、紀香の晴れ姿については「感無量です」と満面の笑みだった。

 23日には京都・上賀茂神社で挙式。「雨が降ってましたので最初はどうなるかと思ったんですけど、ぱーっと晴れてきて、神様が、おめでとう、と言ってくれている気がしてうれしかったです」と振り返った。

 結婚発表直後には「正式にまだプロポーズしていない」と語っていたが、プロポーズの言葉として、結婚指輪に刻んだことを告白。「吾が君を想う来世迄も」(あがきみをおもうらいせいまでも)と刻んだことを明かし、「気の利いた言葉があまり思い浮かばなかったんですけど、ふとした時に“これ良いんじゃないかな”と思いついた」と照れくさそうに語った。

 会見の後に行われた写真撮影には着物姿の紀香も登場。愛之助との夫婦2ショットを披露し、祝福の声に「ありがとうございます」とほほえんでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年9月28日のニュース