永さんに続き巨泉さんも…久米宏「防波堤がなくなった」

[ 2016年7月23日 21:35 ]

フリーアナウンサーの久米宏

 フリーアナウンサーの久米宏(72)が23日、TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜後1・00)に出演。12日に亡くなったタレントの大橋巨泉さん(享年82)をしのんだ。

 TBSの旧社屋にあった社員食堂で約40年前に「お前はよ、俺の後輩なんだからよ、頑張れよな!」と巨泉さんから声をかけられた思い出を振り返った久米。これが2人の初対面だった。

 ゲスト等で巨泉さんと共演することはあったものの、レギュラーとして同じ番組で仕事をすることは「幸か不幸かなかった」。久米が「久米宏ラジオなんですけど」を収録する隣のスタジオで永さんが収録していたため、巨泉さんが永さんの番組に出演した際にはガラス越しに声を掛け合うことはしばしばあったという。

 巨泉さんだけでなく、永さんも久米と同じ早大出身。「『お二人とも誠に残念ながら中退。僕はこう見えても一応形だけですけど卒業しております。そちらの中退と卒業とは価値が違うんです』といつも力説していたんですが、その学校に限りなぜか中退の方が価値があって卒業するとろくなもんじゃないと。またこれでこっちが落ち込むというね。なんで卒業しちゃったんだろう」と笑い話を披露しつつ、「一度に2人亡くなってしまって大変ショックを受けています」とポツリ。

 「立て続けだったから未だに信じられなくて呆然とするしかない」「この2人がいなくなると防波堤がなくなった、はしごを外された感じがするんです」と惜しんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年7月23日のニュース