ギャル曽根 大食いDNA受け継いだ長男「放っておくとお釜が空っぽに…」

[ 2016年7月23日 15:15 ]

3歳の息子の大食いエピソードを明かしたギャル曽根

 タレントのギャル曽根(30)が23日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。一度におにぎり5個を平らげるなど自身のDNAを受け継いだ、3歳の長男の大食いエピソードを披露した。

 番組では長男が幼稚園に持参したある日の弁当を紹介。幼稚園児としては量が多めなのだが、これでは足りないといい「おにぎりを5個くらい食べちゃう。放っておくと(炊飯器の)お釜が空っぽになってしまって」。さらに、バナナ1房を食べてしまうことも明かすなど、自身の大食い遺伝子を確実に受け継いだとみられる長男の食べっぷりを紹介した。

 ただ、好きな食べ物については、レンコンやキンピラ、筑前煮のほか「高野豆腐と言うときもあります」とギャル曽根。これには、共演した落語家の林家三平(45)も「これ、噺家さんが好きな食べ物ですよ」と指摘。食べる量だけでなく園児らしからぬ大人好みのシブいメニュー選択に、他の共演者たちからも驚きの声があがっていた。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年7月23日のニュース