尾田栄一郎氏 ONE PIECEは「結末まで7割の段階」

[ 2016年7月23日 13:40 ]

 人気漫画「ONE PIECE」(ワンピース)の作者、尾田栄一郎氏(41)が23日放送のフジテレビ系「チャンネルΣ・まさかの神降臨!尾田栄一郎がはじめて語る、ワンピースの真実に濱田岳も驚愕SP」(土曜前10・25)に出演。地上波テレビ初となるロングインタビューに応じ、作品の誕生秘話や同日公開の最新映画などについて語った。

 顔出しはNGだったが、Tシャツにジーンズ姿、下駄を履いたラフな格好で登場。「ONE PIECE」誕生のきっかけは、子どもの頃に見たアニメ「小さなバイキングビッケ」のワンシーンだったといい、海賊漫画を描くことを決意して中学時代からイメージを膨らませて取っておいたネタが、作品につながっていることを明かした。

 コミックスでは現在82巻まで発表しており、「結末までは7割の段階」だという。当初は「5年あれば完結すると思っていた」というが、19年も連載が続いていることを「壮大な間延びをしている」と話して笑いを呼ぶ場面も。「面白いことを思いついたら書かないと失礼。本気なってないみたいじゃないですか。どんどんイメージが膨らんでいく。その結果がこれなんです」と、連載が続いている理由を説明した。

 この日、3年半ぶりの劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」が公開され3作目の総合プロデューサーを務めている。「映画は奇跡の連続」と話し、「たくさんの手が入って、それぞれがどんな仕事をするか予測できない中で、信じて待つしかない。いつ失敗するか怖いので次はやりたくないといつも思っています」など、正直な気持ちも吐露した尾田氏。それでも、最新作については「完成度は最高。これまでで最もいいと思います」と太鼓判を押していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年7月23日のニュース