さしこ中国票も大量ゲット?AKB総選挙 初の中国生配信実現 

[ 2016年6月19日 05:30 ]

1位が決まった瞬間、ガッツポーズの指原莉乃

 AKB48の第8回選抜総選挙の開票イベントが18日、新潟市のハードオフエコスタジアム新潟で行われ、HKT48の指原莉乃(23)が史上初の2連覇を達成した。史上最高の24万3011票を獲得。計3回の戴冠も史上初で、前田敦子(24)、大島優子(27)も到達できなかった領域に足を踏み入れた。

 指原の人気は国内にとどまらず海外に拡大。「指原が選挙に強いのは中国人のファンが多いから」との見方があり、本人も今年3月、報道陣に「私のファンは中国にもいるから、1位になったら、中国を含めたアジアでツアーをやりたい」と海外への思いを明かしていた。

 今回の総選挙の開票イベントは初めて中国への生配信が実現。指原の大量得票の真相は不明だが、関係者の間では「指原と渡辺が中国票を取り合い、結果的に指原に多く流れたのでは」とささやかれている。この連覇は“世界の指原”への第一歩なのかもしれない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年6月19日のニュース