こじはる卒業後は馬券師に!?事務所社長も「いいねえ~」

[ 2016年6月19日 05:30 ]

16位のにゃんにゃん仮面こと小嶋陽菜(右)を逮捕しにきたわんわんポリスこと大島優子

AKB48第8回選抜総選挙開票イベント

 AKB48の小嶋陽菜(28)が卒業を発表した。最後の総選挙で「にゃんにゃん仮面」に“変身”し、16位にランクイン。「わんわん仮面」に扮した盟友の大島優子(27)と寸劇をした後、自らマスクを脱いだ。

 18日付本紙などで卒業が報じられており、「みなさん、エーッという準備できてますか?」と客席へ呼びかけた。「私、小嶋陽菜はやっと卒業できま~す」と明るい声で宣言するも、観客の反応がイマイチ。すぐさま「エーッが小さい!」と再度要求し「たくさんの“エーッ”ありがとうございます」とほほ笑んだ。変装して出馬した理由は「最後にAKBのためになれば」と説明した。

 卒業時期は未定だが、気になるのは今後の仕事だ。この日は「今やっているファッション関係の仕事をしたい」と希望を明かした。出版関係者は「小嶋さんを表紙に起用したファッション誌は売れ行きが良い」と話しており、モデル業やブランドのプロデュースなどが軸となる見込みだ。

 同期の前田敦子(24)や大島が選んだ女優や歌手とは全く別の道に進む。注目を集めそうなのが馬券師だ。フジテレビの競馬番組「うまズキッ!」に出演しており、番組内の企画「3連単5頭BOXなら、だいたい当たる~」が絶好調。昨年は50戦13勝でプラス収支。今年も1月の根岸ステークスで3万馬券、今月5日の安田記念で15万馬券を的中させ、競馬記者を驚かせている。

 卒業宣言を受け本紙が「スポニチの馬券師に!」と打診すると、小嶋は「ぜひ、やります!頑張ります!」とやる気マンマン。所属事務所社長も「いいねえ~」とOKを出した。“にゃんにゃん記者”がスポニチ競馬面を飾る日も近い!?

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年6月19日のニュース