佐々木希 万華鏡イメージ、艶やか浴衣にうっとり「凄くキレイ」

[ 2016年6月1日 17:14 ]

「アートアクアリウム誕生10周年記念祭」記者発表会で浴衣姿を披露した佐々木希

 女優の佐々木希(28)が1日、都内で行われた「アートアクアリウム誕生10周年記念祭」記者発表会に万華鏡をイメージしたという艶やかな浴衣姿で登壇した。

 10周年アニバーサリーアンバサダーとして出席した佐々木は「たまたまですけど、ことしで芸能界10周年なんです。同じ月日を歩んできたかと思うと、感慨深いですね」としみじみ。艶やかな着物姿に「本当にキレイ。万華鏡をイメージしたと聞いたら、さらに凄いなって。(金魚をイメージした)兵児帯がゆらゆらと揺れている様子がかわいいってスタッフさんにも言われました。花火とかお祭りとか、この浴衣を着て行きたいですね」と満面の笑みを浮かべた。

 「幼い頃に実家で飼ってました。上からパラパラと餌を上げたり、両親が仕事から帰ってくるまでボーッと見ていたりした。金魚ってそういう力がありますよね、時間を忘れるというか。見ていて癒やされますね」と自身の金魚との思い出も披露。華やかな金魚たちの展示を目の当たりにし「すごいキレイですね。全く飽きがこない、ずっと見ていられる。ライティングがキレイ!」と目を輝かせた。

 「10周年記念祭」はアートアクアリウムアーティストの木村英智氏(43)が手掛ける水中アート展覧会「アートアクアリウム展」の誕生10周年を記念したもので、7月6日から10月14日まで東京・日本橋三井ホール、大阪・堂島リバーフォーラム、金沢・金沢21世紀美術館の3カ所で開催される。

 同展の象徴的なテーマである“金魚”にスポットをあてたスペシャルな水中アートやサービスを展開する。金沢21世紀美術館の会場では、木村氏の高校の先輩でもある画家で俳優の片岡鶴太郎(61)との特別コラボレーションも実現。会見に出席した片岡は「200匹近い金魚を描いた屏風があるんですが、私の金魚の絵とコラボさせていただきます」。金魚と片岡が描いた金魚、さらにこれに映像と合わせた展示になるという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年6月1日のニュース