NGT北原里英、さっしー肖像画に「やせたね!」

[ 2016年6月1日 14:42 ]

「AKB48 選抜総選挙ミュージアム」オープニングセレモニーでアンベールされた昨年1位の指原莉乃の肖像画(中央)。左は13年1位獲得時の指原、右は14年1位時の渡辺麻友

 「AKB48」の横山由依(23)、渡辺麻友(22)、柏木由紀(24)、「NGT48」の北原里英(24)、加藤美南(17)が1日、東京・渋谷のパルコミュージアムで2日から開催される「AKB総選挙ミュージアム」(12日まで)のオープニングセレモニーに出席。ミュージアムと第8回選抜総選挙(ハードオフエコスタジアム新潟)をPRした。

 昨年10位だった横山はグループ総監督となって初めて挑む総選挙。「神7入りで長くないスピーチ」と掲げ、「この時期が来たなと」としみじみ。8回目の開催となるが「新潟のメンバーは初参戦だったり、ことししかない総選挙があると思う。いろいろな気持ちはあるけど、全員で総選挙を盛り上げていきたい」と話した。選抜メンバーに入ってほしいメンバーとしては、課題曲である「翼はいらない」で初のセンターを務めた向井地美音(18)を挙げていた。

 昨年11位で「NGT48」のキャプテンとして総選挙に挑む北原は「新潟県の経済効果も期待できる。過去最高の順位を取りたい。神7を目指しているので、もし入れたら、手料理をファンの方に振る舞いたい」と気合十分。「(NGT48から)1人でも入ってくれたら万々歳。ぜひランクインしてほしい」とエールを送られた初参加の加藤は「新潟が盛り上がるのを肌で感じられたらいい」と笑顔を浮かべた。

 イベントでは、連覇を狙う昨年1位の「HKT48」の指原莉乃(23)の巨大肖像画のアンベールも実施。2年前の指原と1年前の渡辺のものに挟まれる形でお披露目された指原の肖像画に「めっちゃ似てる!」と称賛の声を上げた5人。横山は「今までで1番似ている。さしこ、喜びますね!」、渡辺も「歴代で1番、本人により忠実に描かれている」と続けた。北原は「さっしー、やせたね!すごいすっきりした」としみじみ。さらに「毎年同じ人が描いているんですかね。だとしたら、生意気だけど、毎年、絵が凄い上達してる。上手になってる!」と上から目線の発言をして、笑わせた。

 同ミュージアムでは、18日に開催される総選挙に立候補した総勢272人の選挙ポスターや意気込みの色紙、これまで1位を獲得してきたメンバーの肖像画、1位の椅子などが展示される。4回目となることしは14日から東京ソラマチスペース634(26日まで)でも開催される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年6月1日のニュース