嵐・大野主演「世界一難しい恋」視聴率好調12・2% 小池ら脇役も話題に

[ 2016年5月6日 09:34 ]

小池栄子

 嵐の大野智(35)が主演を務める日本テレビ「世界一難しい恋」(水曜後10・00)の第4話が4日に放送され、平均視聴率は12・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。

 ここまで、第1話12・8%、第2話12・9%、第3話13・1%と右肩上がりに推移。第4話も12%台と好視聴率をキープした。

 リゾートホテルチェーンの若き社長・鮫島零治(大野)が初恋に目覚める姿を描くラブコメディー。独身の零治は高収入だが、性格に難があり、人望がない。共演は波瑠(24)。NHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインを務めた後、初のドラマ出演となった。

 零治の秘書役を務めるのが小池栄子(35)。母のように零治の恋の行方を応援し、的確な恋愛指南をする包容力たっぷりの秘書を好演し注目を集めている。運転手役の杉本哲太(50)とともに味のある演技で存在感を発揮している。

 第4話は、零治(大野智)は社内恋愛のエキスパートを自称する和田(北村一輝)から「俺の言う通りにすれば間違いない」と言われ、弟子入りして恋愛テクニックを教えてもらうことになる。和田の最初の指示は、美咲(波瑠)に好きな色を尋ねることだった。和田によれば、この質問で相手の気持ちが測れるという。翌日、美咲から「脈あり」の反応があり、零治は大喜びする。続いて「職場以外で2人きりになる。1泊旅行に持ち込めたら完璧」というミッションが零治に課される…という展開だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月6日のニュース