吉田山田「母のうた」 竹山出演“泣けるCM”で問い合わせ続出

[ 2016年5月6日 08:30 ]

「母のうた」が人気急上昇中の吉田山田の吉田結威(左)と山田義孝

 男性デュオ「吉田山田」が半年前に発売したシングルのカップリング曲「母のうた」が、8日の母の日を前に人気急上昇だ。

 7日に発表される4日付の有線ランキング「USENリクエスト J―POP HOT30」で、前週の27位から8位に浮上することが確定。前々週は30位圏外だった。所属レコード会社には「どのCDに入っている歌なのか?」などの問い合わせが相次いでおり、11日付のランキングではさらに順位を上げそうな勢いだ。

 メンバーの吉田結威(32)が作詞作曲。♪私が大人になり あなたの背を越えた時は 照れたように笑いながら 一体何を想(おも)っていたのですか――と、自身の母親への思いをつづったバラードソングだ。

 政府広報の高齢者詐欺被害未然防止キャンペーンソングとして、2月からお笑い芸人のカンニング竹山(45)出演でオンエアされている「毎日話せば詐欺は防げる」のCMで流れている。竹山の演技と心温まるバラードが「泣けるCM」として話題で、ウェブ上のCM動画の再生回数は100万回を突破。曲はネット上では「オレオレ詐欺防止ソング」とも呼ばれている。

 元々は昨年12月発売のシングル「未来/Today’Tonight」のカップリング曲で、3月発売のアルバム「47(ヨンナナ)」にも収録されている。

 吉田山田の出世作は、老夫婦の何げない日常を普遍的なラブソングに仕立てた「日々」(13年12月発売)だった。再び家族愛をテーマにした歌が共感を得ている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月6日のニュース