友利新 ベストマザー賞授賞式で第2子妊娠を発表 8月下旬に出産予定

[ 2016年5月6日 14:36 ]

「第9回ベストマザー賞2016」授賞式後の囲み取材に応じる友利新。すでにお腹はふっくら

 8日の母の日を前に「第9回ベストマザー賞2016」の発表・授賞式が6日、都内で開かれ、経済部門のを受賞した会社経営者の顔も持つ医師でタレントの友利新(38)が出席。第2子の妊娠を発表した。

 憧れや目標となるママをママたちによる投票によって決める同賞。友利は14年7月に第1子を出産し、息子も1歳10カ月となった。授賞式のステージに立ち、「恐縮するとともに、とてもうれしく思っています。医師として活動していたので、まさか母親になることは想像もしていませんでした。わたしにとっては励みになります」と笑顔で受賞を喜んだ友利。

 さらにステージ上で「2人目となる第二子を妊娠しております」と第2子妊娠を発表。「この第2子を妊娠しているタイミングでベストマザー賞をいただいたことに感謝しております。私がこうやって、仕事をしながら育児、妊娠ができるのは周りの人の助けと理解が必要でした。その人達に感謝したい」と喜びをかみ締めた。第2子は現在、6カ月で予定日は8月下旬。性別は不明だという。

 同賞では、芸能部門でタレント藤本美貴(31)、スポーツ部門では元バレーボール選手でタレントの浅尾美和(30)、文芸部門では直木賞作家で小説家の湊かなえ氏(42)、文化部門ではモデルの滝沢眞規子(37)がそれぞれ受賞した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月6日のニュース