押切もえキッパリ 山本賞「欲しいです」 涌井も「喜んでくれた」

[ 2016年4月25日 14:18 ]

「2017 ミス・ティーン・ジャパン」開催決定記者会見」に出席した押切もえ

 ファッションモデルの押切もえ(36)が25日、東京都内で行われた「2017 ミス・ティーン・ジャパン」開催決定記者会見に、応援アンバサダーとして新川優愛(22)とともに出席。短編集「永遠とは違う一日」(新潮社)が山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)にノミネートされたことを受けて「聞いた瞬間、ひたすら驚いた」と心境を明かした。

 押切は24日、パーソナリティーを務める文化放送「押切もえのDOKI DOKI DISCOVERY」(日曜後1・00)でノミネートを生報告していたが、この日は候補入り後初めて公の場に登場。受賞の手応えは「まったくない」と語り、「いろんな人に読んでもらいたかったが、賞なんておこがましい」と謙そんした。それでも、インタビューした作家・角田光代さん(49)から「賞は欲しいと言ったほうがいい」とアドバイスを受けたことを明かし、「欲しいです」と言い切った。

 交際中のプロ野球・ロッテの涌井秀章投手にはノミネートを報告したといい、報道陣の「おめでとうと言ってくれましたか?」の質問には、照れて両手で顔を押さえて「はい」とニッコリ。「すごく喜んでくれてうれしかった。応援の言葉は力になる」と話し、「交際は順調ですか?」との問いにも「はい」と幸せいっぱいだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月25日のニュース