獅童 妻のアレがうるさいんでつい…綾野剛「殺しかけてますよ!悪い~」

[ 2016年4月25日 20:32 ]

映画「日本で一番悪い奴ら」完成披露舞台あいさつに登場した中村獅童(左)と綾野剛

 俳優の綾野剛(34)と中村獅童(43)が25日、都内で映画「日本で一番悪い奴ら」(6月25日公開、監督白石和彌)の完成披露試写会で舞台あいさつに立った。

 “日本警察史上、最大の不祥事”と言われる、実在の事件をモチーフに北海道警察・刑事の壮絶な26年間を描く物語。綾野は「1人の男が色んな人たちと出会って、1つの答えを導く最狂最愛の物語。とにかく心地よく見て欲しい」とあいさつした。

 綾野と獅童はは大河ドラマで共演経験があり、獅童は綾野との再共演を熱望していたとのことで、綾野は「今度剛ちゃんと共演できるのならって言って下さっていて、本当に一言返事で受けてくれたみたいです」と出演快諾を感謝した。

 映画のタイトルにかけ、悪いエピソードを問われると獅童は「奥さんのいびきがうるさくて、鼻を長めにつまんだら無反応で、そのあと無呼吸になってたので、慌てて起こした」ことを明かし、会場の笑いを誘った。綾野や登壇者から「殺しかけてますよ!悪い~」と攻められると「あそこで見てます」と指を差し「ごめんね」と会場に来ていた妻に謝っていた。

 最後に綾野が熊本地震について触れ、サプライズで観客にフォトタイムを設ける一幕も。「みなさんに発信していただけたら」と呼びかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月25日のニュース