向田邦子賞に藤本有紀さん 「ちかえもん」脚本、時代劇が初受賞

[ 2016年4月5日 16:55 ]

 昨年度に放送された優れたテレビドラマの脚本に贈られる第34回向田邦子賞(向田邦子賞委員会など主催)が5日、時代劇「ちかえもん」(NHK総合)の藤本有紀さん(48)に決まった。時代劇の受賞は初めて。賞金300万円。贈賞式は5月31日、東京都千代田区の帝国ホテルで。

 「ちかえもん」は、スランプに陥っている中年作家、近松門左衛門が人形浄瑠璃の名作「曽根崎心中」を生み出すまでをコミカルに描いた。

 選考委員の脚本家池端俊策さんは授賞理由について「抜群に面白く、脚本の力がみなぎっている」と説明した。

 藤本さんはこれまでに、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」やNHK大河ドラマ「平清盛」などを手掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月5日のニュース