「ダークダックス」ゲタさん死去 喜早哲さん、85歳急性肺炎

[ 2016年4月5日 05:30 ]

死去した「ダークダックス」の喜早哲さん

 半世紀以上にわたって活躍した男声コーラスグループ「ダークダックス」でバリトンを担当し、「ゲタさん」の愛称で親しまれた喜早哲(きそう・てつ)さんが3月26日午後8時55分、急性肺炎のため都内の自宅で死去した。85歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男冬比古(ふゆひこ)氏。

 1951年に慶応大の男声合唱団「ワグネル・ソサィエティー」所属のメンバー2人とダークダックスを結成。翌年4人組となり、男声四重唱団としてロシア民謡、童謡など幅広いジャンルを歌いこなした。2011年に、テノールを担当し、「パクさん」の愛称で親しまれた高見沢宏さんが死去した。

 ヒット曲に「ともしび」「雪山讃歌」「北上夜曲」「山男の歌」「銀色の道」など多数。4人そろって81年度の芸術選奨文部大臣賞を受賞、93年には紫綬褒章を受けた。喜早さんは著書「日本の美しい歌―ダークダックスの半世紀」(新潮社)などがある。所属事務所によると、今年に入ってから体調を崩していたという。お別れの会などは未定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月5日のニュース