たむけん サッカー4級審判に「夢はワールドカップで笛を…」

[ 2015年10月6日 17:38 ]

サッカー4級審判の資格を取得したたむらけんじ

 G大阪のファンとして知られるお笑い芸人たむらけんじ(42)が6日、自身のツイッターを更新。サッカー4級審判の資格を取得したことを明らかにした。

 「実はわたくしサッカー好きすぎて4級審判になってしまいました。夢はワールドカップで笛を吹くことだったんですが、4級審判の講習で判明したのですが、ワールドカップの審判の定年が45歳らしいです。すぐに夢破れましたが、上は目指します!」と交付された審判証の写真をアップした。

 日本サッカー協会(JFA)によると、4級は「都道府県サッカー協会を構成する支部、地区/市区郡町村サッカー協会の参加の団体、連盟等が主催するサッカー競技の試合を担当することができる」で、約14万人。「JFAが主催するサッカー競技を担当することができる」1級は185人しかいない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月6日のニュース