マイコラス美人妻 子づくり宣言!ルー大柴直撃に「来年か再来年」

[ 2015年10月6日 12:15 ]

映画「アデライン、100年目の恋」公開直前イベントにウエディングドレス姿で出席したローレン・マイコラス
Photo By スポニチ

 巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)の妻でタレントのローレン・マイコラス(27)が6日、都内で行われた映画「アデライン、100年目の恋」(17日全国公開)の公開直前イベントに、タレントのルー大柴(61)とともに出席した。

 同作は、奇跡的な出来事がきっかけで年を取らなくなってしまい、100歳を超えているのに29歳の姿のままの主人公・アデラインが、カリスマ的な魅力を持つ青年に惹かれていくが、2人の間に秘密と過去の恋が立ちふさがる――というラブファンタジー。

 かつて女優になりたかったというローレンは劇中のヒロイン同様、1920年代風のクラシカルなウエディングドレスを身にまとい登場。「映画の中で着ているようなドレスでとても嬉しいです」と笑顔を見せ、ルーから「私の花嫁さんです」と紹介されると「今日だけよ」とはにかんだ。

 そんなルーから「藪からスティック(棒)なんだけど、今後のお子様のご予定は?」と聞かれたローレンは「来年か再来年に子どもを作りたいなとうずうずしていて、真剣に考えています」と宣言。「主人を父親にしたいという思いがあって、子どもがお父さんとキャッチボールしている姿を私も見たいです」と声を弾ませた。さらに「私のお姉さんに1歳の子どもがいますが、可愛くてしょうがないので、たくさんの子どもを作って温かい家庭をいつか経験したいなと思います」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月6日のニュース