布川敏和 明石家サンタで一発合格「3年越しの電話だった」

[ 2014年12月25日 02:18 ]

フジテレビ「明石家サンタ」に電話で生出演した布川敏和

 不幸エピソードを披露するフジテレビ「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2014」が24日深夜放送され、6月に離婚した元シブがき隊の布川敏和(49)が電話で生出演した。

 司会の明石家さんま(59)が電話をして不幸のエピソードを聞き、「不幸」と認定すれば鐘を鳴らすという形式。布川が「ふっくんです」と名乗った瞬間にさんまが鐘を鳴らした。

 2年前の12月23日に元妻でタレントのつちやかおり(50)が家を出て行ったことを明らかにした布川。本当は翌日放送の同番組に出演したかったが、「別居発表の前だったので電話できなかった。だから3年越し(の電話)なんです」と、念願の出演がかない、感慨深げ。

 この日はクリスマスにちなんだ料理を作り、1人で食べた話も披露。賞品として、スマホでの自分撮りができる「セルカ棒」が当たり「これ欲しかった。(シブがき隊の元同僚)やっくんも持ってるので」と嬉しそうだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年12月25日のニュース