西島秀俊 婚姻届提出していた、22日大安 親族のみで挙式予定

[ 2014年12月25日 05:30 ]

入籍したことが分かった西島秀俊

 俳優の西島秀俊(43)が27歳の元会社員女性と22日に結婚したことが24日、分かった。

 22日に都内の区役所へ婚姻届を提出。同日が大安だったことから選んだとみられる。スポニチ本紙の取材に所属事務所は「おかげさまで手続きをさせていただきました」と答えた。

 西島は先月19日、報道各社にファクスを送り、「近々入籍いたします」と結婚することを発表。お相手については、友人の紹介で知り合い、約3年間の交際を経てゴールインすることを報告していた。2人の交際については今年4月、週刊誌が都内の西島の自宅で半同棲状態と伝え、女性は自動車メーカーのギャラリーでコンパニオンを務める“小雪似”の美女としていた。

 西島は現在、香川照之(49)とダブル主演するTBS「流星ワゴン」(来年1月18日スタート、日曜後9・00)の撮影中。関係者によると、結婚後も変わらず、撮影に全力を傾けている。結婚することを発表した直後には、撮影現場で、香川をはじめとした出演者やスタッフから「おめでとう!」と祝福の声をかけられた。ある関係者は「“ありがとうございます。私事ですみません”と恐縮しながら、照れていた姿を見ました」と話している。

 女性は現在、妊娠はしていないという。挙式や披露宴については、スケジュールをみながら、親族のみで行う予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年12月25日のニュース