“和装が似合う”薬師丸ひろ子 かつお節削りにも挑戦

[ 2014年4月3日 05:30 ]

「サントリー和膳」の新CMに出演する薬師丸ひろ子 

 女優の薬師丸ひろ子(49)が5日から全国放送されるサントリー酒類の和食専用生ビール「サントリー 和膳」の新CM「妻、曰(いわ)く。」春編に出演する。同商品が8日に発売されるのに先がけたCMで、和装と和食が似合うことからイメージキャラクターに起用された。

 料理を終え、たすき掛けをとる後ろ姿からCMはスタート。「妻、曰く」という夫役のナレーションに「えっ?」と振り向く。料理を回想していると「和食をおいしくするのは」の問いが。盛り付けを終えた料理を食卓に運び「そりゃあ、いろいろあるけれど…」と答えるその手には「和膳」が。「そうそう、このビール」と缶の封を開けグラスに注ぐと、きれいな白い泡が浮かぶ。「うまみ、繊細。和食がおいしくなるビール」というナレーションが流れ「和膳」を一口。そして「おいしっ?」と優しい笑顔で画面の向こうから問いかけてCMは終わる。

 見どころは何と言っても和装姿。落ち着いた大人の女性の美しさや振る舞いに「こんな家庭いいな」と憧れを抱かせるほど。また、丁寧に和食を作り、もてなす、たおやかな身のこなしは女性をもうっとりさせるだろう。薬師丸は普段から和食をよく作っており、下ごしらえから盛り付けまでテキパキとこなした。また、かつお節削りにも挑戦。すぐにコツをつかんで使いこなしたという。CMは文化遺産にも登録された和食と、相性のいいビール「サントリー 和膳」、そして薬師丸の和装と、日本が誇る“和”の世界観を感じさせる仕上がりとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年4月3日のニュース