第2Rは「徹子」6・3%に軍配 「バイキング」2回目5・6%

[ 2014年4月3日 11:20 ]

黒柳徹子

 39年目に入り、放送時間が正午開始に変更になったテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)の2日の視聴率が6・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが3日、分かった。「笑っていいとも!」の後番組、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)との“直接対決”が注目されるが、2日の「バイキング」は5・6%。お昼の視聴率戦線第2Rは「徹子の部屋」に軍配。激しい争いがしばらく続きそうだ。

 初回の1日は「バイキング」が6・3%、「徹子の部屋」が4・8%だった。

 2日は日本テレビ「ヒルナンデス」(前11・55)が5・1%、TBS「ひるおび!・午後」(前11・55)が6・5%だった。

 2日の「徹子の部屋」は松本幸四郎(71)藤間紀子(68)夫妻がゲスト。

 「バイキング」は「半径500メートルの日常をエンターテインメントにする」がコンセプト。MCは日替わり。月曜は坂上忍(46)、火曜はEXILEのTAKAHIRO(29)とNAOTO(30)が週替わり、水曜はおぎやはぎ、木曜はフットボールアワー、金曜は雨上がり決死隊が務める。

 2日は美保純、森泉、ケンドーコバヤシ、関口メンディー、AKB48川栄李奈、唐橋ユミ、やしろ優が出演。関口がダイオウイカの生け捕りに挑むロケの模様などが放送された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年4月3日のニュース