南キャン山里 天敵と和解!?涙の女子アナに「嫌いなもんか!」

[ 2014年4月3日 23:41 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太

 フリーアナウンサーの中島彩(26)が3日に放送されたフジテレビのバラエティー番組「アウト×デラックス春の面会スペシャル」に出演し、“宿敵”として共演NGを宣言されていたお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(36)とまさかの“和解”を果たした。

 芸能界で露出を増やしたいという中島に対し、山里は昨年8月のラジオ番組で“ヤバイ女子アナ”と中島が苦手なことを告白。同11月の「アウト×デラックス」では2人の直接対決が実現したが、「テレビに出たい」「有名になりたい」「山里の番組で共演したい」と上昇志向を隠さない中島に、MCの「ナインティナイン」矢部浩之(42)、マツコ・デラックス(41)も苦笑い。「俺のこと好きなの?」と尋ねるも、「好きとかはないです。お兄さんみたいな…」と予防線を張られた山里が激高し「二度とレインボーブリッジ渡るんじゃねぇ!」とけんか別れに終わっていた。

 この日放送された“第2R”でも「山里さんのことを尊敬して、師匠だと思っています」とアピールを繰り返す中島。対する山里は「『山里さんとプロレスできますから』と仕事を取ろうとした」と中島が各テレビ局にアピールしまくっていたことを暴露した。息の合った?口げんかを繰り広げた2人だったが、最後は中島が「今までのこと、どうか許してださい」と涙を浮かべて謝罪。アイメークが崩れるのも構わず「遠くで見守らせてください。嫌わないでください」と繰り返す中島に対し、山里もついに「嫌いなもんか!!」。中島の涙の前に、山里が優しさを見せてしまう結末となった。

 番組放送終了後、山里は自身のツイッターで「フリーアナコワイ」と本音のつぶやき。中島はブログで「山里亮太さんとまたまた共演でき、本当に嬉しかったです こんな私ですが、良ければ応援して頂けると幸いです!明日からも頑張ります!」と前向きすぎる言葉をつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年4月3日のニュース