潘めぐみ“感涙” プリキュア10周年「ハピネス…」スタート

[ 2014年2月2日 15:04 ]

「ハピネスチャージプリキュア!」メーンキャラクターの声を担当する(左から)戸松遥、中島愛、潘めぐみ

 アニメのプリキュアシリーズ11作目「ハピネスチャージプリキュア!」(テレビ朝日系)が2日、放送をスタートした。

 キュアプリンセス役の潘めぐみ(24)は、放送終了後にツイッターで「第1話の放送を終えて飲んだコーヒーが塩っぱかったのは、頬を伝った幸せの味」と感動の涙を流したことをほのめかしている。「キュアプリンセスことヒメルダ…白雪ひめとして、これからも“みんなに幸せフルフルチャージ!”していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!」と決意を新たにしている。

 また、クイーン・ミラージュの声を担当する國府田マリ子(44)は同日、自身のブログを更新。プリキュアシリーズ出演は12年「スマイルプリキュア!」の星空育代役以来で、
ミラージュのイラストをアップしながら「一年間楽しみだー!」とこちらもやる気満々だ。

 「プリキュア」は今作でめでたく10周年。番組オープニングで歴代プリキュア33人による「おめでとうメッセージ」が流されるが、第1回はキュアブラックが登場し「プリキュア10周年ありがとう!これからもよろしくね」と視聴者に呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月2日のニュース