同門・八光に続き…月亭方正 インフルで生放送&落語会欠席

[ 2014年2月2日 05:30 ]

 落語家の月亭方正(45)が1日、インフルエンザを発症したため休養すると所属の吉本興業が発表した。方正は同日朝、体調不調を訴え、大阪府内の病院で検査を受けたところインフルエンザと診断された。5日間の安静が必要で、自宅で療養している。

 この日、レギュラーを務めるNHKラジオ「かんさい土曜ほっとタイム」(土曜後1・05)は再放送で対応。2日に出演予定だった愛知県扶桑町での落語会「上方落語競演会」は桂雀三郎(64)が代演する。産休中だった漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」の海原ともこ(42)が仕事復帰する3日放送の生番組、テレビ大阪「なにしよ!?」(月~金曜前11・59)は休演する。同門の月亭八光(36)も先月30日にインフルエンザの発症を発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月2日のニュース