「風立ちぬ」宮崎駿監督に「アニメのアカデミー」脚本賞

[ 2014年2月2日 17:04 ]

「風立ちぬ」の宮崎駿監督

 「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれるアニー賞(国際アニメ映画協会主催)の発表・授賞式が1日、米ロサンゼルスで行われ、「風立ちぬ」の宮崎駿監督が長編アニメ部門の脚本賞を受賞した。

 今年は「風立ちぬ」と沖浦啓之監督の「ももへの手紙」が同部門の作品賞の候補だったが、ともに受賞はならなかった。作品賞はディズニー映画「アナと雪の女王」が獲得した。

 宮崎監督は2003年に「千と千尋の神隠し」で長編アニメ部門の作品賞や脚本賞などを受賞した。

 また、功労賞の一つで、アニメ界への長年の貢献をたたえる「ウィンザー・マッケイ賞」が、漫画家で映画監督の大友克洋さんやスティーブン・スピルバーグ監督に贈られた。大友さんは「AKIRA」や「童夢」などの作品が海外でも広く知られている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月2日のニュース