“さしこバス”復活も 観光課は期待「可能な限り稼働して」

[ 2013年6月11日 07:39 ]

お台場合衆国イメージキャラクターの発表会中のAKB48のメンバー(前列左から)高橋みなみ、大島優子、渡辺麻友、柏木由紀、篠田麻里子の後方スクリーンで「笑っていいとも」出演中の指原莉乃も参加
Photo By スポニチ

 HKT48の指原莉乃(20)が観光大使を務める大分市と福岡市を結ぶ高速バス車内では、指原が大分の名産を紹介するナレーションが流れていたが、総選挙直前の先月31日に契約満了を迎えて終了。ナレーションを企画した大分市観光課では「バス会社と相談し、またチャンスがあれば流したい」と復活に前向きだ。

 指原は「豊後水道で育った“とらふぐ”は刺し身にすると透き通るよう」などと、5種類のナレーションで地元特産をアピールしていた。

 観光大使の任期は15年4月17日まで。市観光課では、観光客増加へ「可能な限り稼働していただきたい」と期待している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月11日のニュース