AKB河西「何て幸せな7年間」武道館ライブで卒業セレモニー

[ 2013年4月27日 20:39 ]

 「AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!」の第3日が27日、東京・日本武道館で行われ、AKB48が登場。5月3日限りで卒業する河西智美(21)の卒業セレモニーが行われた。

 アンコールに応え、河西は1人でステージへ。デビューソロシングル「まさか」、2ndシングル「Mine」を披露すると、同じ2期生の大島優子(24)、秋元才加(24)ら5人に加え、サプライズでSNH48の宮澤佐江(22)、元AKB48の大堀恵(29)も登場。7年間の活動をねぎらい、門出を祝った。

 河西は同期の仲間たちの激励に涙ぐみながら「メンバーのみんな大好きだし、本当に優しくていつも支えてくださるファンの皆さんがいて、何て幸せな7年間を過ごしたんだろうと思います」とファンにあいさつ。さらに8人で「Mine」の.カップリング曲「Enjoy your life!」を歌唱。河西を送り出した。河西は5月3日の劇場公演を最後に卒業する。卒業から5日後の5月8日には「Mine」が発売される予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年4月27日のニュース