海老蔵 生後18日の長男に“にらまれた”「なかなかの…」

[ 2013年4月27日 06:00 ]

自主公演発表で笑顔を見せる市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(35)が26日、都内で、第1回自主公演「ABKAI―えびかい―」(8月3~18日、東京・Bunkamuraシアターコクーン)の製作発表会見を行った。

 成田屋一門に伝わるのが「にらみ」。3月22日に誕生した長男について「(生後)18日目ににらまれました。なかなかの目つき」と笑顔。名前は2月に他界した父の団十郎さんに「こんな名前にしようと思っている」と話していたものにしたという。

 また、9日開設のブログを頻繁に更新していることについて「他の方のブログを見たことないから基準が分からない。これから減ると思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年4月27日のニュース