林先生 12歳年下の妻から「調子に乗るなよ」なれそめは秘密

[ 2013年4月27日 15:35 ]

テレビ番組で夫婦生活について語った林修氏

 「今でしょ!」の決め文句でブレーク中の東進ハイスクール・東進衛星予備校講師の林修氏(47)が27日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。夫婦生活について語った。

 今年3月に出演したフジテレビ系「笑っていいとも!」でも、恐妻家の素顔を告白していた。妻は12歳年下の産婦人科医。自宅が名古屋にあるため、林先生は「東京の仕事はホテル。年200日ぐらい泊まります」。司会の久本雅美(54)が「奥さんは寂しいと言いませんか?」と聞くと「言わないですね。(妻も)忙しいですからね」

 林先生が出演しているテレビ番組には「見向きもしないですね。(テレビを)消していい?とか言います」。今の人気には「調子に乗るなよ」とクギを刺されているという。

 「どこで知り合ったの?」と問われると「それはちょっと」と言葉を濁し、共演者から「生徒だな!」のツッコミ。「それは違います。夫婦の約束で(なれそめは)公開しないようにしようと」と語った。

 久本が「それ(なれそめ)はいつしゃべるんですか?」と再度、切り込むと、林先生は「今じゃないでしょ!」と決め文句の“否定形”でかわし、笑いを誘っていた。

 また、決め文句が生まれたのは2009年「高2 東大現代文の講義」と明らかにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年4月27日のニュース