世界一の美女グウィネス ノーパン&スケスケドレスで登場!

[ 2013年4月27日 11:52 ]

下着なしのスケスケドレスでレッドカーペットを歩いたグウィネス・パルトロウ

 英誌「ピープル」が選ぶ今年の「世界で最も美しい女性」の栄冠を手にしたばかりの米女優グウィネス・パルトロウ(40)が、最新作「アイアンマン3」のワールド・プレミアに下着なしのスケスケドレスで登場して話題をさらった。

 アントニオ・ベラルディのセクシーなドレスを身にまとってレッド・カーペットに登場するや、その大胆さで注目の的になった。だが、実は、着替えの時間があまりなかったためにそのドレスを着る準備は「大惨事」だったというのだ。

 26日放送の米トーク番組「エレンの部屋」でグウィネスが明かしている。

 「そうなの。何ていうか大惨事だったわね。ショーに出る予定で、その場で着替えて出て行ったの。下着も身に付けられなかったのよ。でも、これってテレビで話しちゃいけないと思うわ…」「そうね。誰しも危ない橋を渡るとでも言っておくわ…私は1日の中で最も美しい女性から最も恥ずかしい人になったってわけよ。70年代の生き方みたいでしょ。分かる?」。

 さらに、グウィネスは「世界で最も美しい女性」のトップに選ばれたことには非常に驚き、最初は何かの間違いかと思ったほどだったとも語っている。

 「私とは22年来の付き合いになるパブリシストのスティーブン・フーベーンからメールでそのニュースを知らされたの。本当に冗談だと思ったわ。3回も読み直しちゃったわよ。あら、彼は間違って違うクライアント向けのメールを私に送っちゃったんだわ、って思ったもの。だってあり得ないじゃない」

 「そのメールには私の名前が書いてなかったの。だから私宛てじゃなって思ったわけよ。これって心理学的に見ると興味深いと思うの。だって読んだ瞬間は、本当に誰かが私をからかってるって思ったんですもの。実際に、こんな話題について私の精神科医と話したことがあるのよ」。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年4月27日のニュース