オリ全体練習中止 西村監督「大事なのはコロナに感染しないこと」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

練習前にナインを集めて話す西村監督(中央)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 オリックスは31日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月1日から5日まで予定していた全体練習を中止し、1、2軍ともに大阪・舞洲の球団施設で自主練習にすることを発表。西村監督は「状況を考え、これがベストだろうという話し合いをした。大事なのはコロナに感染しないこと」と説明した。

 同じ関西に拠点を置く阪神では藤浪ら3選手が感染。藤浪は18日の2軍練習試合(オセアンBS)に登板し、13~15日の1軍練習試合(京セラドーム)の練習にも参加。藤浪と言葉を交わした球団関係者は複数いたが濃厚接触者はいなかった。

 ただ、依然として不透明な状況は続く。森川秀樹球団本部長は「関西でもスポーツ界に感染拡大が及んでいる。絶対に感染者を出したくない。まずは、この5日間を乗り切りたい」とし、同期間は報道陣にも取材自粛を要請。西村監督は「どんどん状況が悪くなっている。そう(自粛)していくしかない」と話した。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月1日のニュース