巨人・ディプラン 支配下登録「菅野投手のようになりたい」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

支配下登録されたディプラン(左)とグータッチを交わす原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は31日、育成選手のナティーノ・ディプラン投手(26)と支配下選手契約を結んだ。年俸は4万8000ドル(約520万円)で、背番号は024から96に変更する。ドミニカ共和国出身で1メートル90の長身右腕はジャイアンツ球場で会見し「支配下登録を目標に日本に来たので、とてもうれしい。強みは頭を使ったインテリジェントな野球ができるところ。(エースの)菅野投手のようになりたい」と喜んだ。

 初年度26歳以上の育成選手は3月末までしか支配下登録できないため、期限ギリギリでの契約となった。原監督は「貴重な外国人の先発投手。今のところ3番目かもしれません。伸びしろもあると同時に、1軍の方で投げる戦力になる」と期待。現状、外国人の先発投手ではサンチェス、メルセデスに次ぐ存在だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月1日のニュース